PRESENT

当選確率 8.6% | 応募人数 11,608人 ! | 終了しました

フリパンの3月のリニューアルと同時に発表した“デザイナーズフリパン”。

無料で貰えるパンツを、貰って嬉しいパンツへ。

そんなフリパンの思いを「Lucky Horse」と名付けられたオリジナルフリパンで形にしてくださった鈴木啓太さん。

フリパンユーザーからも大きな反響をいただき、予算の関係で僅か100枚のみのプレゼントではありましたが、約8,000件の応募をいただくことが出来ました。

本日は、その鈴木さんによる第2弾のデザイナーズフリパンのお披露目と、応募受付のご案内です。

Endless Summer Pantsとは一体どのようなアイディアから生まれたのか?

フリパン編集部:
まずは前回のデザイナーズフリパン「Lucky Horse」について伺いたいと思います。
約8,000件の応募がありましたが、それについてはどう思われますか?

鈴木さん:
ありがとうございました!!

フリパン編集部:
以上、ですか(笑)
何か周囲からの反応などもありましたか?

鈴木さん:
そうですね、思わぬ友人から「フリパンやってるの?」とか「あのデザインいいね」と言ったメッセージを貰ったりしたので驚きました。
自分としても、最高のフリパンとはどんなものだろう…と考えながら、フリパンさんからいただいたご要望なども踏まえて検討したデザインだったので…それがこのような件数の反響をいただけたことについてはとても嬉しく思います。

フリパン編集部:
さて、気になる第2弾ですが、今回はどのようなパンツなのでしょうか?

鈴木さん:
今回は、実施時期がちょうど夏の盛り…ということで、やはりテーマとしてそれを軸にして考えました。
夏と言えばビーチ。ビーチには色々なものを持っていくと思いますが、必ずそこにあるのはビーチタオル。自分も、海で泳いだりするのも好きですが、ビーチタオルやシートなどをひいて寝転がっているのが一番好きですし、やはりビーチをイメージすると「ビーチタオル」というアイテムは欠かせないな、と。
なので、デザインのモチーフを考えた時に、すぐに「ビーチタオル」をうまく使えないかな、と思っていました。

フリパン編集部:
なるほど。確かにビーチといえば、ビーチサンダルや浮き輪といったものが連想されますが、ビーチタオルもその一つですね。

鈴木さん:
そうなんです。
でも、やっぱりフリパンとしてはボクサーパンツなので、どうやってそれをパンツのデザインに落とし込んでいこうか…と悩みました。だって、ビーチではパンツは脱いで海パンを穿いていますよね。(笑)
そう考えた時に、「海パンいらず」なパンツが作れないかな、と思ったんです。

フリパン編集部:
海パンいらずのボクサーパンツ!?

鈴木さんに描いていただいたデザインのラフ案

鈴木さん:
なんというか、海パンじゃなくてパンツなんだけど、“ビーチに寝転がっていても様になる”というか。なんか、海パンでもなくて、でも下着としてのパンツとも違うような、それでいてビーチに似合うような夏のパンツが出来ないかな、と。(笑)

フリパン編集部:
なるほど、それでこちらのデザインになった訳ですね!

鈴木さん:
ビーチタオルをパンツで表現した「Endless Summer Pants」です。

こだわりのデザインの裏には度重なる試行錯誤が…

フリパン編集部:
Endless Summer Pantsのデザインをしていただくにあたって、鈴木さんの中でのこだわったポイントや気に入っている点などについてぜひお話を伺わせてください。

鈴木さん:
実はこのデザインを作るにあたって、本当に沢山のタオルを研究しました。色んなお店に出掛けて、イメージを膨らませながらいいなと思うタオルを実際に何枚も購入して…。(笑)
事務所でそれをスキャンしてデータにしてみたのですが、スキャンすると毛並みが潰れてしまって、タオルならではの立体感や質感が無くなってしまうんですよね。タオルならではの手触りのようなものをどうにか再現するために、本当に何度も試行錯誤しました。

フリパン編集部:
確かにこのEndless Summer Pants、印刷なのにタオル感がすごいですよね。最終的にはどうやって再現したんですか?

鈴木さん:
出来るだけフワッとスキャナーに置く、という方法です。(笑)

フリパン編集部:
(笑)
ちなみに…どれくらいタオル買ったんですか?

鈴木さん:
いや〜〜、お店の端から端まで買いましたね。(笑)
でも、こういうことが無いと、タオルの生地やデザインなどを綿密に確かめる…といったことはなかなかしないので、とても良い経験ではありました。(笑)

フリパン編集部:
フォローありがとうございます。(笑)
今回はフリパン側の印刷上の制限などもあって、鈴木さんのご提案の全てがそのまま実現することは難しかったのですが、とても今の季節らしく、そして身近なモチーフながらもオリジナルなフリパンを作っていただくことが出来て嬉しく思っています。
鈴木さん、本日はありがとうございました!

色々とご活躍されていて、大変お忙しい中でインタビューのお時間を作ってくださった鈴木さん。斬新な発想は、実は地道な努力から生み出されているのだなぁと勉強になりました。

そして鈴木さんは既に次なるパンツのアイディアも色々とお持ちとのこと!
現時点では第3弾の企画としていつご案内出来るかは全く未定ですが、みなさまぜひこれからもデザイナーズフリパンを楽しみにしてくださいね!

デザイナーズフリパン002

Endless Summer Pants

応募期間 : 2014/7/09 〜 2014/8/18 00:00

フリパン公式Facebookページ

キャンペーン情報

応募期間 2014年7月09日 〜 2014年8月18日 00:00
プレゼント Endless Summer Pants ( 1枚 合計1000名様 )
※フリーサイズ ( S~Lに対応 )
応募条件 ログインした状態で応募フォームに必要事項を記入の上、ご応募ください。
( 新規会員登録はこちらから )

鈴木啓太(すずきけいた)

プロダクトデザイナー。1982年生まれ。多摩美術大学プロダクトデザイン専攻卒業後、(株)NECデザイン、イワサキデザインスタジオを経て、PRODUCT DESIGN CENTER 設立。スタートアップ企業やメーカーと、プロダクトデザインを基本としたイノベーション開発、新製品開発に携わっている。2012年にTHE株式会社を設立、2013年にKITTE(東京駅・丸の内)に直営第一号店となる THE SHOP をオープン。世の中の定番を新たに生み出し、これからの「THE」をつくっていくことを押し進めている。

PRODUCT DESIGN CENTER:http://productdesigncenter.jp
THE:http://the-web.co.jp/

鈴木啓太さんとは、こんな方!

2012年に起業して間もなく、ANA「翼の王国」に見開きでインタビューを受け年末には ELLEマガジンが選ぶ「NEW TALENT 2013」に選出される。
日経各紙では、頻繁に自らのデザインや取り組みを紹介している。
2013年に放送されたNHK WORLDの「ARTISAN&DESIGNER」では、30分にも及ぶドキュメンタリーの取材を受け、同時期には西武渋谷店「Preview」にて期間限定の「鈴木啓太ショップ」を開催。
自らのデザインを「緻密に緻密をデザインすること」と話す、今、最も注目される若手デザイナー。

新しい定番を作り出すことを目指している「THE」は、good design companyの水野 学氏、中川政七商店の中川 淳氏と共に立ち上げ、KITTEに直営店「THE SHOP」を構えている。

鈴木さんの代表作の一つ「富士山グラス」

ビールを注ぐと金色に輝く富士が現れます

メディアにも頻繁に登場している鈴木さん

KITTEにオープンした「THE SHOP」は大人気

PRESENT
PRESENT