浴衣を着用するとき、みなさんはどのような準備をしていますか?浴衣を持っていない場合は手頃なセット商品などを選び、帯と浴衣、その他必要な物一式をまとめて購入するなんて人も珍しくはありません。足元は下駄か草履があればいいので、足袋は特になくてもいいですよね。サンダルで代用している人も多く見かけます。けれど下着はどうでしょう?いつも通りのパンツにさらりと浴衣を羽織る・・・なんてやっているアナタ!それでは風情もへったくれもありません!

浴衣は裾がはだけやすい上、普段着慣れていない人の場合、座ったときなどについいつものクセで足を開いてしまうと中が丸見えに!なんて恐ろしい事態も考えられます。特に花火大会では地面にレジャーシートなどを敷いて座って鑑賞するケースが多いので、要注意です。気がつかないうちに周囲にセクハラ行為をしている恐れがあるため、ぜひとも注意が必要です。

では、浴衣の下にはどんなパンツを穿くのがベストなのでしょうか?・・・正解はー・・・いわゆるステテコと呼ばれる和装向けの下着や、ハーフパンツタイプの下着です!ステテコは裾が長くできているので、浴衣の前がはだけてしまっても安心です。また、汗ばんだときもステテコが汗を吸ってくれるので足捌きが良くなり、暑い屋外に居ても快適に過ごすことができるのです。

ハーフパンツタイプの下着は、アウトドア用やスポーツ用など、高機能なパンツがオススメです。こちらも、ハーフパンツ丈ならちら見えしてしまっても安心ですし、べとついたり汗でくっついたりしにくいので、快適さの面からオススメとなっています。ちなみに、上半身は素肌の上に直に浴衣を着る、なんて人も少なくありませんが、実は上半身もインナーか下着を着る方がベターです。

男性用の浴衣は前がはだけやすく、特に胸元は着崩れして素肌が見えてしまう危険性があります。また、汗ばんで浴衣の生地が肌にくっついて不快だったり、浴衣に汗ジミができてしまったりする可能性も。気がついたら浴衣が汗で肌にべったりくっついていた、なんていかにも見栄えが良くありませんよね。女性陣からも遠巻きにされてしまうかもしれません。

結果、浴衣をよりカッコよく快適に着こなすためにも、上下共に肌着やインナーを着用する方がベターです!素肌と浴衣の間に肌着を一枚挟むと、汗を吸い蒸れを予防することができます。結果として、体感温度も若干低く感じられるため、夏の浴衣でのおでかけでは肌着選びも重要というわけなのです!

浴衣というと一昔前までは湯上りに羽織るものでした。火照った体を夕涼みで冷やした後は、そのまま寝るというパジャマ的存在でもあります。主に木綿生地で作られ、汗を吸いやすく肌にべとつかないため、就寝中も快適な着物として多くの日本人に愛用されてきた歴史があります。つまり、素肌の上にさらりと羽織ることこそ、浴衣の醍醐味だともいえるのです。

しかし現代では、オシャレ着・外出着としての浴衣の役割が強くなっています。さらに夏の暑さが年々厳しさを増し、街中で浴衣1枚で過ごすのはかなりのリスクを伴います。だからこそ、インナー選び、パンツ選びは重要なのです!ということで、今回ご紹介した「浴衣を着るときのパンツ選び」、ぜひこの夏参考にしてみてくださいね。パンツにも気を配り、見えないところまでクールにキメて、浴衣イケメンを目指してみてはいかがでしょうか?

フリパンライター

しゅりとまむ

現在、小学2年生から幼稚園年少まで、3人の育児をしながらライターをしています。
末っ子はオムツ離れの真っ最中!実体験をもとにコラムを書いているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

PRESENT
PRESENT