だんだんと暑い日が多くなり、本格的な夏が到来!汗だくな男は嫌われる・・・ということで、ファッションから爽やかさを演出してみませんか?夏の爽やかな着こなしと言えば、白ボトムスが欠かせません。しかし、白いボトムスといえばパンツが透けてしまうのが難点。パンツが透けるとセクハラ?でも白ボトムスを着こなせたら男っぷりが上がる!?そこで今回は、夏の白ボトムス向けパンツ透け対策をご提案します!

「白いボトムスは下着が透けやすい」というのは女性ではおなじみのお悩みですが、男性では特に気にせずに着ているという人も多いようです。しかし昨今では男女共に美意識が高まっており、パンツの柄やラインが透けていると「あの人ちょっと・・・」なんて思われてしまうのも事実。さらには「あれって、セクハラじゃない!?」なんて言われてしまう恐れだってあるのです。

そもそも白という色はもともとインナーが透けやすく、仮に中に着ているのがごく一般的な白いインナーだとしても遠目には意外と透けてしまいます。ならば濃い色のインナーを着ればいいかというと、それもNG!黒や濃いグレーなどは、インナーのデザインや長さまで透けやすく、遠くから見るとインナーと肌の境目がくっきりなんてことも珍しくないのです。

鏡でしっかりチェックしたつもりでも、光の加減や室内と屋外では見え方が異なる場合もあります。自分では透けていないつもりでも、周りの人から見るとちょっと恥ずかしいほど・・・なんてことも意外とよくあります。女性の場合でも、こうした「透け」はとっても恥ずかしいですが、男性の下着が透けていると「わざと見せてる?セクハラ!?」なんて誤解を招いてしまうと困りますよね。

では、白ボトムスを着るときはどのようなパンツを穿けば良いのでしょうか?女性ではベージュやモカといった、肌に近い色の下着が定番です。透けないことを目的として作られたインナーも豊富。しかし男性用下着では、ベージュやモカはあまり見かけませんよね。そこでオススメなのが、グレーのパンツです。ひと口にグレーと言っても色合いはさまざまですが、できるだけ薄めのグレーが最適です。濃すぎると逆に透けてしまうので要注意です!

さらに、あまり凹凸や縫い目のないデザインだと、さらに透けにくくなります。一般的に「シームレス」という名称で市販されているパンツは、縫い目や継ぎ目がないので、透けにくいパンツです。男性用のシームレスパンツも最近では増えてきているので、夏用の透けないパンツとして何枚か持っていると安心ですね。

店頭にない場合でもネット通販ではたくさんのシームレスパンツが取り扱われているので、まとめ買いするのも良さそうです。白ボトムス用だけでなく、スーツでも透けないので使い勝手が良くオススメです!

グレー系のパンツで透け対策をするのも良いですが、意外な方向からアプローチするのも良いかもしれません。その第一手がこちら!

引用:BROS(ブロス)

そう、Tバックです。こちら、もちろん男性用です。女性では下着のラインが服に響かないよう、日頃からTバックを愛用している人も少なくありません。男性だってこれくらいの思い切りを持って、ファッションにこだわってみるのもアリかもしれませんね。続く第二手はこちら!

引用:GUNZE(グンゼ)

引用:GUNZE(グンゼ)

はい、こちらズボン下です。とはいえ、最近はオシャレなタイプが市販されており、名前だって「ファッションタイツ」などと呼ばれていることもあるようです。ステテコやももひき、なんて昔ながらの名前でも売られています。これなら下着が透けにくいし、汗をかいても吸ってくれるので快適に過ごせますね。

いかがでしたか?パンツが透けないための涙ぐましい努力、参考になったでしょうか?「男なんだからパンツが透けたって大したことない」なんて思っているアナタ、それは大間違い!女性は意外と見ているのです!通りすがりの知らない相手だって、パンツが透けていたらなんとなーくガッカリなのです。電車や街中で女性に白い目で見られないためにも、白ボトムスを着るときはパンツが透けないようご注意くださいね!

フリパンライター

しゅりとまむ

現在、小学2年生から幼稚園年少まで、3人の育児をしながらライターをしています。
末っ子はオムツ離れの真っ最中!実体験をもとにコラムを書いているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

PRESENT
PRESENT