夏の近づく気配を感じるこの季節、日差しの強さが日に日に強くなっていくのを感じますよね?女性であれば日焼け対策や美白コスメに関心がいくかと思いますが、男性では「夏が近づいたから何・・・?」という人も多いかもしれません。しかし、紫外線対策は意外なところでも重要です!そう、パンツにとっての紫外線対策です!

紫外線はご存知の通り、毎日我々の頭上に降り注いでいます。特に春先から夏にかけては一年で最も紫外線量が多くなる時期で、男女や年齢を問わずできるだけ紫外線対策を取ることをオススメします。そして実は、人間の体だけでなく身の回りのさまざまな物も、意外と紫外線ダメージを受けているって知っていましたか?中でも洗濯物はその筆頭だといっても良いでしょう。

天気の良い日は洗濯物を外に干して日光にあてると気持ちがいいですよね。パリッと乾いた洗濯物は『お日様のにおいがする』なーんて表現もあったりします。しかしこれ、実は衣類の寿命を縮めているかもしれないのです。

多くの衣類では、化学物質である染料を使って繊維を染色しています。我々が普段、衣類のさまざまなカラーバリエーションを楽しめているのは、実は染料と衣類の繊維が化学的に結びついているからこそなんですね。そこへ紫外線があたると、化学的な結合が弱まったり、染料の分子が分解されてしまったりという、思わぬ化学反応が起こる場合があるのです。つまり、日中ずっと日向に干してあった洗濯物は、紫外線によって退色や変色をする可能性が高くなる、というわけなのです。

「日差しの強くなる季節こそ、洗濯物をたっぷり日にあてたい!」という人も多いかもしれません。しかし知らず知らずのうちに、大切な衣類の寿命を短くしている恐れがあることをご理解頂けたでしょうか?春先から紫外線の量が増えてくるため、春~夏のシーズンは洗濯物を干すなら日向より日陰、もしくは仮に日向に干す場合も短時間にするなどの工夫が欠かせません。

また、色によって紫外線から受ける影響に違いがあることもわかっています。最も退色しやすい色は紫や青といった明度の低い色で、逆に黄色は比較的退色しにくい色なのだそうです。ちなみに、基本的な色で退色しやすさを比べると「紫→青→赤→緑→黄」という順番になります。これを踏まえておけば、青系のパンツは日陰に、黄色や緑系のパンツは日向に干す、なんて工夫も可能です。

繊維によっても劣化しやすさに差があります。ウールやシルク、ナイロンでできている衣類やパンツは紫外線に弱いため、できるだけ日のあたらない場所に干すのがオススメです。洗濯表示にも陰干しマークが付いていたりしますが、お気に入りの衣類はできるだけ日陰に干すようにすると安心ですね!

洗濯物には悪影響ばかり与えているイメージの紫外線。最近では「日焼けは肌を劣化させる」とか「皮膚がんの原因になる」などといわれ、できるだけ直射日光を浴びないようにする人も増えています。ここでご紹介した紫外線の洗濯物への悪影響を見ても、「紫外線なんて厄介者」と感じる人が多いかもしれません。しかし実は、悪いことばかりではないのです!紫外線には殺菌効果があり、布団やカーペットなどを天日干しすることで細菌の繁殖を防いだりダニを退治してくれる効果が期待できます。

また、人間の体にとってはビタミンDの生成を促し気分をリフレッシュされる効果も明らかになっています。紫外線も悪いことばかりではないんですね!紫外線の特長を活かし、ダメージではなくメリットを取り入れられるようにすることが大切というわけです。

というわけで、お気に入りのパンツを強い日差しのもとに干しているみなさん。より長くそのパンツを愛用するためにも、洗濯物は日陰に干すようにしてはいかがでしょうか?今年の夏は日焼け対策だけでなく、衣類の紫外線対策をお忘れなく!

フリパンライター

しゅりとまむ

現在、小学2年生から幼稚園年少まで、3人の育児をしながらライターをしています。
末っ子はオムツ離れの真っ最中!実体験をもとにコラムを書いているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

PRESENT
PRESENT