以前、フリパンでも取り上げたことのある長崎県島原市の島原鉄道が誇る「赤パンツ車両」。前面のデザインが赤パンツに見えるということで、話題沸騰となった注目の電車です。さまざまなメディアにも登場し、多くの人に「赤いパンツだ…」とつぶやかせた「赤パンツ車両」から、この度本物の赤パンツが販売されています。

「赤パンツ車両」は1986~2008年に運行され、その見た目から「赤パンツ」と呼ばれて地元の人たちに愛されていました。その後デザインが変わり「赤パンツ」ではなくなってしまったのですが、2016年1月に別の車両を塗り替えて「復刻版赤パンツ車両」として運行させています。

今回発売されたのは、そんな「赤パンツ車両」をそのままパンツにしてしまったかのような見事なデザインパンツ!赤をベースに、大胆かつリアルなデザインが魅力の品に仕上がっています!

ボクサータイプのパンツのフロント部分には「赤パンツ車両」の前面と形式番号『キハ20』などの車体情報が記載されています。後ろはお尻全体を覆うように車両の顔がデザインされており、何とも愛らしいパンツです。2016年は申年ということで、「申年に赤いパンツを穿くと病や災いが去る(サル)」ということから、縁起物としての一面も併せ持っています。

こちらのパンツは全国から寄せられた要望を元に制作され、10月1日より販売開始となりました。ボクサーパンツではありますが、前閉じタイプになっているので女性が穿いてもいいかもしれません!サイズはM、L、LLの3種類があり、販売価格は税込み1,200円となっています。先駆けて発売された「赤パンツ車両トートバッグ」とのセット販売も実施中。セットには非売品の缶バッジもおまけで付いてくるので、マニア心をくすぐります!

この他、オンラインショップでは島原鉄道グッズを販売中ですので、「赤パンツ車両」が着になる人はぜひチェックしてみてください!

<参考>
復刻版赤パンツ車両運行記念 赤パンツ車両 ボクサーパンツ
販売価格:1,200円(税込み)
サイズ:M/L/LL

フリパンライター

しゅりとまむ

現在、小学2年生から幼稚園年少まで、3人の育児をしながらライターをしています。
末っ子はオムツ離れの真っ最中!実体験をもとにコラムを書いているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

PRESENT
PRESENT