画像出典:Mode.com

ユニセックスに男性向けレディースパンツなどこれまでの常識を覆すパンツが次々と登場している今。
一体パンツの形はどこに向かうのだろう。そんなフリパン究極の問とも言える疑問にひとつのヒントを与えてくれることを期待させる、動画が無料動画サイトYoutubeで公開され、話題になっていることをご存知ですか?

この動画を公開しているのはデザイナーやセレブの最新情報を紹介している海外情報サイト「Mode.com」。

今年8月5日に公開されて以来、済生会数はなんと全世界で320万回以上と言うから驚きです。

内容は1915年から2015年までの男性スイムパンツの流行を一人のモデルが次々に穿いていくというシンプルなコンセプト。

1915年のボーダーとツナギのスイムパンツからはじまり、1925年、1935年、1945年、1955年と10年刻みに登場するパンツは時代を反映しているどこか懐かしのデザイン。

しかしながら、1985年辺りから紹介されるスイムパンツは、見る人にとっては「えっ!?これって古いデザインだったの!?」なんて衝撃を受けるものかもしれません。

あなたもツナギからボクサータイプ、ブリーフ、そして膝丈のハーフパンツタイプ、ショートパンツタイプへと移り変わるスイムパンツの歴史を覗いてみませんか?

ちなみに、この動画女性下着バージョンも公開されていて、現代に近づけば近づくほどセクシーさの増していく動画に目が釘付けとなってしまうかも。

「女性の下着の歴史」(Mode.com)はこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=28ZY-8l6CZg
PRESENT
PRESENT