今や、世界中のほとんどの人間が穿いている「パンツ」。
多くの人が同じ「パンツ」を穿いているにも関わらず、男性と女性のパンツには歴然たる違いがあります。

似て非なるもの、それは「オトコのパンツ」と「オンナのパンツ」。
今回は、男女のパンツの違いを徹底比較してみたいと思います!

まずは基本的なところから比較してみましょう。
一つ目は、素材について。

男性用のパンツは、基本的に女性用より素材が限られている傾向が。
コットンや化繊といった、通気性が良く蒸れにくい素材が人気のようです
また、コットンにストレッチ素材を組み合わせた生地も人気で、現在の男性用パンツ主流素材となっています。

女性用のパンツの方は、コットン、ナイロンなどの化繊、シルク、ミックス素材といった具合に大別できます。
それぞれがさらに細かく分かれており、好みに応じてさまざまな素材が選べるのも女性用パンツの大きな特徴と言えます。

女性用では肌触りや機能性を重視する人、デザインや色を重視する人など下着に対するこだわりは個人差が大きく、いろいろな下着が選べるようメーカーもラインナップに力を入れているようです。

男性用では「蒸れにくさ」「ホールド感のあるもの」「低価格」といった点が重視され、より機能的な素材が人気。
デザインや素材へのこだわりよりも、実用性重視といった傾向が見られます。

下着メーカーによる調査では、10代~60代の男性の各世代6割以上が「下着についてこだわらない」と答えています。
女性の場合は約9割の人が「お気に入りの下着がある」などとこだわりを見せているため、男女の下着に対する意識には大きな隔たりがあると言えます。

ひと口に「パンツ」と言っても、デザインやカタチはさまざま。
まずは男性用パンツのバリエーションを見てみましょう!

・こちらは定番!トランクスとブリーフ

・ホールド感があるボクサー

・なんと男性用ハイレグも!

・こんな刺激的なデザインだって楽しめちゃう!

次は女性用。
やはり驚くほどバリエーションが豊富です!
いかに女性が下着にこだわりを持っているかが表われています。

・セクシーなTバック

・女性だって愛用者多数のボクサータイプ

・履き心地抜群!コットンパンツ

・大人の色香漂うガードル

・大人のたしなみ・骨盤矯正パンツ

同じパンツとは思えないほど、形も機能も異なるパンツたち。
そのバリエーションの豊富さは、女性用パンツの圧勝となりました。
これだけ選択肢が多ければ、女性が洋服や下着選びに時間を費やすのはやむを得ないことだと納得できますね!

「女性の買い物は長いから付き合いたくない!」なんて思っている、世の男性方。
女性はこんなにもバリエーション豊かなパンツの中から、これといった一着を決めているのです。

しかも、もしかするとパートナーであるあなたの好みや希望を取り入れて選んでいるのかも…?!
時間がかかるのは大目に見て、たまにはじっくり買い物に付き合ってあげるのもいいかもしれません!

ここまで比較してきてわかったことは、「オトコのパンツ」と「オンナのパンツ」の間には、かなり深い溝があるということです。

実用性を重視する男性用パンツと、デザインを重視する女性用パンツ。
古来より、「男女は互いを完全には理解できない」と言われているように、パンツに関しても決定的な隔たりがあるようです。

しかし、最近では「ユニセックスのパンツ」なるものが登場していることをご存知でしょうか?
男女兼用、どちらでも穿けるデザインという、非常に画期的な平等パンツが販売されているのです!
それがこちら!

もはや、パンツは男女の壁を越える時代。
これからのパンツは性別の垣根を越えて、誰にでも等しく楽しめるファッションとなっていくのかも、しれません!

フリパンライター

しゅりとまむ

現在、小学2年生から幼稚園年少まで、3人の育児をしながらライターをしています。
末っ子はオムツ離れの真っ最中!実体験をもとにコラムを書いているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

PRESENT
PRESENT