企業の広告をパンツに掲載することでユーザーの皆様へボクサーパンツ(下着)を無料でお届けするサービスとして誕生したフリパン。
2014年3月にサイトリニューアルし『パンツメディア』として皆様に楽しんでいただけるような様々なサービスを生み出していくことをミッションとしています。
そんなフリパンをNHK放送「マサカメTV」(3月15日午後6時10分からの放送回)でご紹介いただきました!

人気お笑いコンビ・オードリーさんが司会を務める今回の「マサカメTV」(3月15日放送)のテーマは「世にあふれる“無料”そのからくりにビックリ!」。
現代社会にあふれる無料でもらえるモノに隠された「無料サービス」の仕組みについて、ビッグダディこと林下清志さんと、タイムマシーン3号さん、オジンオズボーンさんがそれぞれ突撃取材をされました。

林下清志さんは都内にある「入会すると楽器が無料でもらえる」という音楽教室や「送料を払えば無料で段ボールひと箱分の野菜が送られるサイト」、「無料の恋愛相談」などの仕組みを探ってきました。

タダヤサイドットコム:http://www.tadayasai.com/
EYS音楽教室:http://www.eys-musicschool.com/

一方、お笑いコンビ・オジンオズボーンさんは、無料で使えるラーメン店の検索アプリ「ラーメンチェッカー」を紹介。
このアプリは、起動してラーメン店を探しているユーザーの通信情報をもとに「電波のつながりにくい場所」が調査出来るようになっています。アプリ提供者はその情報を携帯電話会社に提供(販売)することでアプリ自体はユーザーが無料で使えるという仕組みだとか。

ラーメンチェッカー:https://itunes.apple.com/jp/app/ramenchekka/id551864726?mt=8

そして、お笑いコンビのタイムマシーン3号さんは「意外なモノにも広告をつけることで無料になる。それは一体どのようなアイテムか?」という番組内のクイズ企画として、フリパンオフィスへ潜入取材に訪ねてこられました。

出演者がこのクイズに答えるためのヒントとして、番組スタッフの方が実際にフリパンを穿いてみて、1日に何回広告を目にしたか…を検証した結果が発表されました。
(出演者は、これがフリパン=ボクサーパンツについている広告である、ということをこの時点では知りません)

番組内の検証では、番組スタッフが自分の穿いているパンツの広告を目にした回数は5回。
人によって回数は異なると思いますが、意外にパンツを目にする機会が多いのです。
(ちなみに、弊社の調査では1回パンツを穿くと平均して7回広告が見られていました)

オードリー春日さんは〝鏡〟、荒俣宏さんは〝トイレットペーパー〟と答えるなか、
タレントの武井壮さんが〝パンツ〟と見事正解してガッツポーズ!

なぜパンツだと分かったかという質問について、武井壮さん曰く「パンツは1日に何度も目にするモノだから」とのこと。さらに「トイレでふと目に入る自分のパンツがいいパンツだとテンションが上がる」と熱く語っておられました。
たしかに好きなパンツを穿くと〝気合いが入る〟〝テンションが上がる〟ことってありますよね。
その日の気分やシチュエーションに合わせてパンツを選ぶことが出来れば、それ以外にも様々なメリットがあるかもしれません。

生活を取り巻くあらゆるモノやコトに広告が進出している昨今ですが、フリパンのサービスによって、いよいよパンツにも広告が掲載される時代となりました。
パンツは極めてプライベートで身近なアイテムですが、だからこそ、パンツが秘めている広告効果、そのポテンシャルは絶大かもしれませんね。


フリパンは、今月リニューアルを行い、ボクサーパンツ「フリパン」のプレゼント企画に加えて、身近なパンツにまつわる面白いトピックのご紹介を行っていきます。

「パンツから日本を元気に!」

これからもフリパンをどうぞよろしくお願い致します。

フリパン運営事務局

※なお、マサカメTVの番組内では、個別のサービス名のご紹介はありませんでした。
 記事内に登場するサービス名、及び、会社名は弊社が調べたものです。

【マサカメTV - NHK】
http://www4.nhk.or.jp/masakame/

PRESENT
PRESENT