下着の締めつけ感ってイヤですよね。気がついたからといってすぐに直せるものでもなく、不快感を感じながら1日過ごすことになるので、イライラや作業効率の低下の原因になることだってあります。「下着にはゴムが入っているのだから締めつけ感があるのはしょうがない・・・」、そんな風に思ってはいませんか?実は、締めつけ感のない驚きのパンツが今、注目を集めているのです!

引用:marruマアル

こちらはその名も「太陽のパンツ」!なんとも輝かしい爽やかな名前ですよね。こちらのパンツが他と違うのは、徹底的に締めつけ感のなさにこだわったこと!一見すると「ちょっと変わった形のパンツだな」と思うくらいかもしれませんが、ふんどしの構造にインスピレーションを受けて作られた、これまでにない開放感が魅力の『締めつけないパンツ』に仕上がっているのです。

引用:marruマアル

製造しているのはオーガニックコットンを使った下着メーカーとして人気の「marru(マアル)」。現代表取締役であり創業者の一人である櫻木直美さんは、我が子に続き自身もアトピー性皮膚炎を発症したことをきっかけに、直接肌に触れる下着の品質の重要性に気がついたのだといいます。さまざまな試行錯誤の末、体を取り巻く環境を安全で心地良いものにすることが、結果として「健康」につながると知るに至った櫻木さん。下着の締めつけ感や肌への圧迫、ゴムと皮膚の摩擦をなくしたいという想いから、心身のストレスを軽減するふんどし型のパンツへと辿り着いたのだそうです。

もともとは女性用下着の販売を主としてスタートした「marru」ですが、下着の穿き心地の良さから口コミが広がり、「穿いてみたい」という男性の声を受けて「太陽のパンツ」を開発。女性用「満月パンツ」や「新月ショーツ」などの既存ラインと同様、太ももの付け根を締めつけないことで血流を良くし、冷えや自律神経の乱れの改善、こすれやかゆみの予防を重視する男性向けふんどし型のパンツとなっています。

男性用パンツではフロント部分のひきつれや後部の食い込み、股ぐりの具合などが穿き心地を左右します。そこで、「太陽のパンツ」では生地素材から裁断方法までこだわりにこだわって作られており、パンツの不快な締めつけ感を解消することに成功しています。特に生殖器部分は、適度なホールド感がある一方で蒸れやかゆみが起きにくいよう設計されており、ふんどしパンツならではの「蒸れない」「締め付けない」という穿き心地を実現しています。

引用:marruマアル

近年の研究では、ボクサーブリーフなどの締めつけ感の強いパンツでは、生殖器が体に密着するため体からの熱が逃げにくく、生殖機能が低下する恐れがあることがわかっています。しかしこちらの「太陽のパンツ」は肌触りと通気性の良い綿素材を使い、生殖器が密着しすぎないつくりとなっているので安心です。

また、ウエストや足まわりのゴムによる締めつけで、肌がこすれ接触性皮膚炎を発症する人も珍しくないのですが、その点でも「太陽のパンツ」はオススメです。ウエスト部分のゴムはしっかり素材生地で覆われ直接肌に触れないようになっており、足まわりにはゴムが入っていないためこすれの心配もありません。敏感肌や仕事中の下着の締めつけ・食い込みが気になるという人には特にオススメできるパンツだといえるでしょう。

一度穿いたら忘れられない開放感と、体のためにも嬉しい構造の「太陽のパンツ」。ネット上の口コミなどでもじわじわと人気を高めており、今後もさらに豊富なラインナップの登場が期待されます。既述した女性用下着ラインに加え子供用パンツも市販されているため、恋人や家族とお揃いにすることもできちゃいます!「パンツを穿いているのに穿いていないみたい!」と絶賛される、驚きの開放感を備えた穿き心地。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

フリパンライター

しゅりとまむ

現在、小学2年生から幼稚園年少まで、3人の育児をしながらライターをしています。
末っ子はオムツ離れの真っ最中!実体験をもとにコラムを書いているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

PRESENT
PRESENT