「お父さんのパンツは一緒に洗わないで!」
なんてセリフを娘に言われたお父さんは、気にしない振りをしながら心で泣いているのではないでしょうか?
家族の洗濯物と別にされてしまいがちな「パパのパンツ」。
今回は世の中の「パパのパンツ」事情についてリサーチしてみました!

メンズ高級アンダーウエアメーカー「TOOT」が行った調査によると、女性回答者の4人に1人は「夫(彼氏)のパンツはイケてない」と思っているのだとか!

また、下着メーカー「ワコール」と聖心女子大学が共同で行った研究では、女性の約9割が下着に関して「お気に入りとそれ以外」の使い分けをしているのに対し、男性では使い分けしているのは3割程度ということが明らかになっています。 つまり、男性の半数以上は、下着に関してこだわりがないという結果に。

また、下着の購入時にこだわるポイントとしても、男性ではサイズ・肌触り・着心地といった実用性が重視されていて、デザインやブランド・女性受けといった面についてはこだわらない人が半数以上という結果になったのです。

これらのデータから、見た目やオシャレさよりも、実用性を重視するのが男性の特徴だといえます。
結果的に、オシャレさやデザイン性を重視する女性からすると「パパのパンツはイケてない」ということになってしまうわけなのです。

「TOOT」では、世の中の女性たちに「パパのパンツ」に関する調査を行っています。
これによると、女性回答者の40パーセントは父親のパンツについて「パンツとかどうでもいい」と非常にシビアな回答をしています。
家族の、それも父親のパンツなんて気にしているヒマはないということでしょうか・・・なんだか、寂しい気もしますね。

しかし、18%の女性は「外見はもちろん、パンツまでキチンとしていて全体的にカッコいい」と答えているという事実も明らかになっています!
娘に好かれる父親でいるためには、やはりパンツまで気を抜かずにきちんとしていることが重要なのではないでしょうか?

男性用パンツは女性用と違い、機能性や穿き心地を重視している物が多く、購入する側もオシャレかどうかのこだわりは低い様子。
パンツを買うときはつい、「お得かどうか」「いつものパンツと同じかどうか」なんて目線で選んでいませんか?
さらに究極的には、購入自体をパートナーに任せてしまっていたりしませんか?

他人に見られることがないからと、ついノーマークになってしまがちなパンツ。
家族に見られるものだからこそ、だらしない物やヨレヨレの物を身につけないよう心がけたいところです。

世の中のお父さんの中には、「3枚千円」といったような激安パンツや、セール期間にだけパンツをまとめて買う、なんて人も多いのでは?
家計のためを思い、子供たちにかけるお金を残すため、パパは安いパンツでも我慢・・・なんて涙ぐましい努力をしているお父さん方も少なくありません。

しかし、普段がんばっているお父さんこそ、実は高級パンツがオススメ!
なぜかというと、高級パンツは素材や縫製にこだわり、フィット感や通気性が格段に良いため、体にかかる負担を軽減できるからなのです。

スーツや作業着に身を包み、一日中汗を流して働くお父さん。
出張の移動時や長時間の会議のときは、窮屈なスーツで何時間も同じ姿勢でいなくてはならないこともあるかと思います。
そんなとき、体にフィットし穿き心地の良い下着なら、ストレスや疲れを予防してくれるのです。

高級下着は贅沢やオシャレのためというよりも、実は非常に実用性に優れています。
一度に大量に買うのは無理でも、出張やここぞという会議の時の為、数枚ストックしておくのも良いのでは?
良い下着を見につけることで、仕事の効率もアップするかもしれません。

誕生日や記念日など、「プレゼントは何がいい?」と家族から聞かれたら、「高級パンツ」と答えてみてはいかがでしょう?
女性目線で選んでもらえば、オシャレ面でも期待できます。
家族から「パパのパンツ、イケてる」と思ってもらう良い機会になり、父親の存在感をアピールすることもできるかもしれません!

フリパンライター

稲垣 恒太郎

猫のような好奇心を持つフリーライター。特に、流行っていないものが好き。クラシック音楽が趣味。ウラジミール・ホロヴィッツの大ファン。20代まではブリーフ派だったが、現在はトランクス派に転向。

PRESENT
PRESENT