2017年の夏は、局所的な大雨や長生き台風の影響で、場所によってはあまり夏らしくない日が続きましたね。なんとなーく夏が終わってしまった・・・!なんて人も多いのではないでしょうか。しかし、9月10月まで暑いのが日本の夏。残暑厳しい毎日を快適に過ごすために、目にも涼しげな「粋」なパンツを穿いてみてはいかがでしょうか?

それがこちら、その名も「粋肌着(いきはだぎ)」です!こちらのブランドは、江戸時代に庶民の暮らしから生まれた独自の美意識「粋(いき)」と、京都・大阪を中心とした上方文化の中から生まれた美意識「粋(すい)」を融合し、日本の伝統と職人技を活かしてつくられた極上の下着シリーズです。

例えば、こちらの「高島縮(たかしまちぢみ)」を使ったシリーズ。「高島縮」は滋賀県高島市で江戸時代に生まれた素材です。「しぼ」と呼ばれる独特の凹凸があるため肌に張り付きにくく、夏の蒸し暑さの中でもさらりと快適に着られる素材として古くから重宝されてきたものです。この「高島縮」に吉祥文様である「青海波(せいがいは)」を描いた爽やかなステテコや、ポップな色使いが目を引く「市松」のリラックスウエアなど、独自のデザインが魅力の粋な肌着を展開しています。

この他、存在感のある風合いと肌触りの良さが魅力の播州織シリーズや、冬向けの素材で特殊な製法で空気を閉じ込めて作り上げた「暖かさね」、2枚の生地を重ねて作られた「温つつみ」など、ブランド独自の生地を使ったシリーズをラインナップ。伝統文様や和風素材が、かえって新しく感じられるから不思議です。日本人だからこそ知っておきたい、身につけたい、「粋」なパンツとなっています。

見た目だけでなく穿き心地も良く、なによりも大人の「粋」を体現してくれる「粋肌着」のパンツたち。厳しい残暑の日でも、粋なパンツを穿いていれば心身ともに涼やかに過ごせそうです。派手すぎず地味すぎず、奇抜でもないのに目を引くのが「粋肌着」の魅力。人とは違う粋なパンツが欲しくなったら、ぜひブランドサイトを訪れてみてください!


<参考>
日本の着心地 「粋肌着(いきはだぎ)」
・「青海波柄ステテコ」
サイズ:M/L
価格:2,160円(税込)~

フリパンライター

しゅりとまむ

現在、小学2年生から幼稚園年少まで、3人の育児をしながらライターをしています。
末っ子はオムツ離れの真っ最中!実体験をもとにコラムを書いているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

PRESENT
PRESENT