フリパンライターになってからというもの、パンツのことを考える日が多くなり、穿かないパンツもなんとか身近なものにリメイクさせてあげたいという〝パンツ愛〟が湧いてきた筆者。

今回は、そんなパンツへの愛をリメイクという言葉から表現しようと、パンツを使ったリメイクに挑戦してみました。

今回チャレンジするのは、コインケース。

何故かと言うと、男性の大切な金の○を支えてくれるパンツ。だからこそ、金運アップにも繋がるのではないか?という単純な発想です。

パンツから作った「金○財布」なんてネーミングはちょっとお下品かもしれませんが、デザインさえ何とかなれば下品オーラは解消されるはず。

ということで、以前オークションで買ったパンツを素材にパンツのリメイクを始めましょう。

100円均一にあるがま口の口金と、パンツ、そして裁縫セット、ボンドを揃えたら、準備は完了。好きなサイズに型紙を作り、裏地と表地用の布をカットしていきます。

100円均一に売っている口金セットについてきた型紙を使ってみました

手順通りに、まずは表となる布をチクチクと縫っていきます。かなり地味な作業ですが、ここは金運アップのために我慢です。

今回は分かりやすいように、敢えて赤い糸を使用

これで表側の布は完成。開け口となる上の部分は縫いません。

お好みでこんな風にマチを作れば立体感のある財布となります。

裏布も同じように縫って、2枚完成したら、写真のように表にした表布の中に、裏布をイン!

中を開けるとちょっとシックな黒にしてみました。

で、ここからもう少し地味作業。口金に当たる部分(つまり開口部)の表布と裏布をまつり縫いと呼ばれる縫い方で縫い合わせていきます。

これがなんというか、地味に面倒くさいです。

でも、金運を少しでもあげるためには頑張りも必要ですよね。もう少し我慢です。

細かくて目がしょぼしょぼしてきます。

で、できたのがこちら。シンプルな袋状になっています。これではまだナニになるか分かりませんね。

ここからが本日のメインイベント。パンツが華麗にがま口財布、否「金○財布」に化ける瞬間です。

用意するのは、がま口の口金と紙紐、ボンド、そして爪楊枝のような先端が細く尖った棒。今回は目打ちという手芸用品を使いました。

口金にボンドを流し込み、そこに布を入れていく作業。

固定のために紙紐を入れると、ボンドが飛び出る… 。

かなりベタベタとして、ヒヤヒヤします。

丁寧に拭き取りながら悪戦苦闘すること数分。やっと片側が固定されました。

かなりボンドで布がベタベタしますが、放置すれば乾くということで見て見ぬふり…

もう片方も同じようにボンドと紙紐で口金に付ければ….

やっと完成! 金運アップのパンツ財布です!

クレジットカードもお札も入るたっぷりの収納力。

これを持って買い物に行けば、金運もアップしてくれるのでしょうか。それにしても、もとがパンツだったとは思えません。

パンツ素材のやわらかな手触りが、財布を持つ手にも伝わってきて、持ち心地も最高です。

今回はパンツ4枚を作って「金○財布」が5つ完成しました。

カラフルなパンツであれば、組み合わせ次第でポップな雰囲気に。

どれも柔らかく、使い心地がいいですから、ポケットに忍ばせるにも最適です。

両腿の部分を使えばちょうどがま口ひとつは余裕でできますので、穿かなくなったパンツを華麗に金運アップのための財布に蘇らせてみるのはいかがでしょうか?

(ライター : Onai Uiko)
フリパンライター

Onai Uiko

心はいつでもトラベラーなフリーライター。世界各地を旅するのが好き。畑好き。ニット&ミシンに目覚めてからは、密かに日本のKnittingGang(自称)を目指して夜な夜な糸と戯れる日々。

PRESENT
PRESENT