© 【ウィメンズパーク×フリパン】オムラボ All rights reserved.

オムツばなれの極意はココにあり!?原点回帰・紙から布へ~見直される布オムツのメリット・デメリットと作り方~

育児奮闘中である全国のパパ・ママのみなさま、こんにちは!
オムツばなれというミッションに日々奮闘しております、在宅ワーカーパパの「ふくたつ」です。
さて7回目となりました「パパのオムツばなれ奮闘記」、今回は『オムツばなれの極意はココにあり!?原点回帰・紙から布へ~見直される布オムツのメリット・デメリットと作り方~』をテーマにお送りいたします。

まず、わが家のレイラにはずっと紙オムツオンリーです。
何度か布オムツの使用も考えてみましたし、実際「布オムツが見直されている」ということは知っていました。また何人かから、布オムツの良さを聞いていましたが、結局は紙オムツオンリーでここまできてしまいました。

そのようなわが家が「なぜ布オムツもいいかな?」と思っているかについて、簡単に理由をお話させていただきます。

・ 最近の布オムツはオーガニックコットン素材のものがあり、肌に優しいのでは?(レイラはアトピーなので)
・ オムツかぶれしないのでは?
・ コストが紙オムツに比べて安いのでは?
・ ゴミを減らせるのでは?
・ オムツばなれが早いのでは?
・ 買い置きオムツの場所をとらなくてすむのでは?
などです。

もちろん紙オムツにも布オムツにも、メリット・デメリットがあります。ただ、わが家が布オムツにしなかったのは、家事の負担を軽減したかったからです。私は在宅ワーカーです。自宅で仕事をしている以上、レイラの面倒は私がみなければいけないません。仕事しながらのオムツ交換などは、正直楽な方がいいにこしたことはないと思っていましたから…
でも妻は「出来ることなら布オムツにしたい!」そう言っていましたね。

そこで、紙オムツ、布オムツのメリット・デメリットを比較してみることにしました。

※メリットは青文字にしてあります。
※比較的布オムツの方がオムツばなれは早いと聞きますが、個人差はあります。

他にも、紙オムツは交換回数が少ないとか、もれなくていいなどのメリットや、反対に布オムツは夜が大変とか、洗濯が大変といったデメリットの部分も、よく耳にします。
そして、よくよくこのメリット・デメリットを比較した表を見てみますと、布オムツに軍配が上がってしまったように思います。しかし、それでも紙オムツを使用するご家庭が(わが家も含め)多いのか?それは圧倒的に「楽だから、便利だから、手間がかからないから」といった理由で紙オムツが支持されているのだと思います。そして、紙オムツ以上にコスト面や子どもに対するいたわり、優しい思いが、布オムツの不便さをものともせずに支持され続けている理由なのでしょう。
私たちが子どものころは布オムツしかありませんでしたし、布オムツで私たちは成長してきました。今まさにこの不便さをものともしない布オムツが、見直されてきている以上、一度わが家のレイラにも布オムツを試してみたい!
オムツばなれ奮闘記中の私はそう思いました。

まず、作り方です。ネットで調べればたくさん作り方はのっていますので、その中から輪型オムツという簡単そうなものをチョイス。

こんな感じに折るんですね

この輪型オムツ、男の子と女の子ではたたみ方が違います。わが家のレイラは女の子なので、当然女の子のたたみ方。
オムツカバーを用意していなかったので、とりあえずオムツカバーはトレーニングパンツで代用してみました。

トレーニングパンツで代用してみました

ん〜、オムツカバーをトレーニングパンツで代用したのがいけなかったのか、パンツ自体に厚みがでてしまったのがいけなかったのか、初めての感触が嫌だったのか、はたまたオムツさえも嫌がり、オムツばなれに一歩一歩近づいているからなのか…理由は分かりませんがレイラはこのパンツを「嫌!」と言ってすぐに脱いでしまいます。何度かチャレンジするものの、結局「嫌!」で終わってしまいます。
今、レイラはなんでもかんでも「嫌、嫌!」のイヤイヤ期。それも重なってか、布オムツ作戦は失敗に終わってしまいました…

トレーニングパンツを自分で穿きたがります

私も、この「パパのオムツばなれ奮闘記」を始めてからは、もう一度布オムツを再認識してみようと思い、布オムツに関する体験談や口コミ、評判をネットで検索していました。やはり布オムツを続けられた理由として「オムツを交換する回数は多いけど、交換のタイミングが分かりやすくて良かった」「洗濯は洗濯機がしてくれるし、完璧に汚れが落ちなくても良い」「紙オムツだってあるし」といった、ある程度割り切った考え方をしている人が多かったように思いますし、逆に「オムツを交換する回数が多くて大変だった」「洗濯が大変だった、自分の手が荒れてしまった」「赤ちゃんのおしりがかぶれてしまった」といった理由から、布オムツを断念してしまった人が多かったように思います。布オムツにするのか、それとも紙オムツにするのか?それは、それぞれの家庭事情を考えた上での判断が必要になってくるのだと思います。

ただ、布オムツが再度見直されている今のトレンドを考えれば、一度布オムツにチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね!
私も、もし二人目の子どもが生まれてきたなら、今度は布オムツにチャレンジしてみたいと思います。
まだまだそんな予定はありませんが…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

子供の目線で楽しみながらオムツばなれを ~親子フリパン制作エピソード~

前編ではオムラボのオリジナル親子フリパン「パパンツ」「コパンツ」の発表を記念して、デザイナーの岡本さんに「コンセプト」や「楽しみ方」、また「…

親子の絆を深め、エコにもつながる「おむつなし育児」

育児には不安や悩みがつきもの。 数あるお悩みの中でも、「オムツばなれ」は特に多くのママさんの頭を悩ませているようです。 しかし、オムツば…

大人が体感・紙オムツの付け心地

育児奮闘中である全国のパパ・ママのみなさま、こんにちは! オムツばなれというミッションに日々奮闘しております、在宅ワーカーパパの「…

オムツの商品ラインナップからみる“オムツばなれ適齢期”とは?

昔は「オムツばなれ」が早かった!? 一昔前は1歳半や2歳と言われていたオムツばなれの時期も、今はずいぶん遅くなっているとよく聞きます。…

『オムラボ』オリジナル親子フリパン、いよいよお披露目!

『オムラボ』を開設して約1ヶ月!お子様とご家族みんなで取り組む「オムツばなれ」をテーマに様々な話題を取り上げて様々なコンテンツをお送…

ページ上部へ戻る