© 【ウィメンズパーク×フリパン】オムラボ All rights reserved.

オムツばなれは人生のファーストパンツステップ?

人生で初めてパンツをはいた日のことを、みなさんは覚えているだろうか?
「パンツ?気づけばいつの間にかはいていた!」そんな人がほとんどではないだろうか。

photo by Susonauta

今では毎日元気に、私たちが生活する上で(ほぼ)必ずはいているもの、パンツ。
これからの季節は、ランニングにパンツ一丁でビールを飲むのも、蚊取り線香の香りに包まれて大の字でグースカ眠るのも気持ちがいいものだ。
そんな一心同体とも言えるパンツだが、おぎゃーと生まれて無事パンツ人生を始めるまでには、私たち全員が「オムツばなれ」という重要なステップを(憶えてはいないが)クリアしてきたようなのだ。

オムツを脱いだからこそ始まったパンツライフ

確かに考えてみればそうだ。当たり前のような顔をして「今日はどれにしようかしらん」などとパンツをチョイス、気持ちよくパツっとさせてはいるが、まずはすべてオムツから始まったのだ。
お母さんやお父さんの手によって毎回オムツを替えてもらい、おまるで練習させてもらい、歩けるようになればいざ実践への挑戦。「衣食住=生きる」上でのベースのひとつとも言えるトイレ、おしっこやうんちのすべてをイチから教えてもらい、無事オムツばなれを迎えて今に至るのだ――。

「赤ちゃんはオムツばなれをする」そう聞くと「なるほど」と思うだけかも知れない。
だが、あの子もこの子もあの人でさえもそうなのだと考えると、なんだろう、すごく色々感じるものがあるような気がする。
私たち全員が乗り越えてきたのがオムツばなれ。
例えばお箸を使ってごはんを食べる、自転車に乗る、などと同じように、いつの間にかできるようになったトイレは、今ではなんということもない行動。だが、「トイレに行き、用を足し、パンツで過ごせるようになる」ためのアレコレを親が手取り足取り教えてくれて「クリアできた」からこその今日。

ひとりにひとつずつ、思い出のオムツばなれ

photo by Tatsuo Yamashita

自分でトイレに行けるようになるまでの大変なステップ……私たちの親ががんばったそのオムツばなれを、小さなお子さんを持つパパとママは、まさに今必死になっておこなっているのかと思うと、なんだか胸がジーンである。
すべての赤ちゃんに、それぞれのオムツばなれがあるのだなあ、このことに触れ、改めて考えれば考えるほど、なんだかすごく奥が深い。憶えてはいなくとも、いつかの景色が脳裏に浮かぶような、そしてだれかの幼いころを思うような、そんな少しのセンチメンタルさも感じつつ。

ところで、このオムツばなれを含む赤ちゃんの子育て期。なんだか傍目には幸せいっぱいに見えるものの、その過程では実際には順風満帆とはいかないことも多いようだ。

知ってると知らないとでは後の結婚生活に大きな差が出る!?「愛情曲線」って一体なに?

フリパンラボをご覧の男性の方には、シングル謳歌中やDINKSの方も多いと思うが、このたびなんとも興味深いものを見掛けたので、ご紹介&シェアできたらと思う。

女性の愛情曲線

「女性の愛情曲線」 (株式会社富士通総研 経済研究所 渥美由喜氏)

新米パパはもちろん、「まだまだ独身!」…そんな私やみなさんこそが知っておくべきではないのか?そんなびっくりデータである。「女性の愛情曲線」というこのグラフ、まずはじっくり見つめていただきたい。ピンク色が妻→夫への愛情を表す線。結婚直後のバラ色時期?をピークに、出産直後を見てみるとドーンと下がっている!そしてこの時期から大きく二極化(実線or点線)しているのだが、これは一体……?

出産直後に分かれ道が訪れる?

パパとママ、赤ちゃん。子育ての間にはどうもいろいろな問題もあり、奥さんの心情面に大きなターニングポイントのようなものがあるようだ。なんだかもうかなりビビってしまう、このびっくり分岐点。この分かれ道には「乳幼児期(≒オムツばなれ期)に一緒に育児をしたかどうか」が大きく左右しているようなのだ。

例えば、妊娠や産後の急激な環境の変化と初めてのことだらけ、奥さんはそのような中で、体調変化やホルモンバランス、自律神経の乱れなどもあって、イライラや不安定さを抱えることも多いそうだ。そこで「自分だけが大変だと感じる」「夫の第三者的な目線に孤独感」など、(気持ちはあるのだけどどう伝えてよいものか→なにも考えていないように捉えられてしまった、などの夫側の意見ももちろんある)そういったところから心のすれ違いが始まったり、「子育てを手伝ってくれない→二人目を持つことへの不安」「すっかり会話や笑顔が減ってしまった……」といった深刻な問題へと発展したりなどもあるようだ。

夫婦として、ともに子育てに取り組んだか否かで、奥さんから旦那さんへの愛情曲線がまっぷたつ……?
確かに心理的なものを考えると、大きな差が出るのも致し方ないがこれは大問題である。

オムツばなれへの夫婦団結が未来を決める!

photo by ajari

その子育て面の中で、時期的にも重要な位置のひとつにあるのがこのオムツばなれのよう。
さてこのオムツばなれ、子どもを持たない私にとってはまったく未知の世界。オムツはいつか取れる、ということではあるらしいが……そのためには親子で一緒にパンツライフへ向かってのトレーニングが行われるとのことだが、実際にママはどのようにして取り組み、そしてパパは一体どうすればいいのだろう?どのようにオムツばなれ、そしてママとの協力体制を万全にすべく向き合うべきなのか?

オムツばなれは、特にこれからの季節、夏場にチャレンジする家庭が多いのだそう。
本ラボは、オムツばなれについて「まさに真っ最中!」そんな新米パパや、「あったあった!」と経験済みの先輩パパ、もちろんこの先(いつか)パパになる人、まだまだ独身だぜ~と言った人まで、すべての男性へ向けて。
フリパンならではのメンズメディアとしての「オムツばなれ」はじめ、「ファーストパンツへの道」、そして子育てあれこれや最近話題のイクメンなんかも取り上げつつ、それって一体なんだろう?のテーマに触れ合い向き合ってみたいと考えている。

これから1ヶ月ちょっとの間、いろいろな角度からオムツテーマのさまざまなネタがアップされていく予定。
「オムツか~懐かしいなあ~」「いつか俺にも役立つ」「今日から早速!」などなど、数々のハテナやお役立ち(ライフハック)をぜひみなさんに一緒に楽しんでいただけたらと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

子供の目線で楽しみながらオムツばなれを ~親子フリパン制作エピソード~

前編ではオムラボのオリジナル親子フリパン「パパンツ」「コパンツ」の発表を記念して、デザイナーの岡本さんに「コンセプト」や「楽しみ方」、また「…

親子の絆を深め、エコにもつながる「おむつなし育児」

育児には不安や悩みがつきもの。 数あるお悩みの中でも、「オムツばなれ」は特に多くのママさんの頭を悩ませているようです。 しかし、オムツば…

大人が体感・紙オムツの付け心地

育児奮闘中である全国のパパ・ママのみなさま、こんにちは! オムツばなれというミッションに日々奮闘しております、在宅ワーカーパパの「…

オムツの商品ラインナップからみる“オムツばなれ適齢期”とは?

昔は「オムツばなれ」が早かった!? 一昔前は1歳半や2歳と言われていたオムツばなれの時期も、今はずいぶん遅くなっているとよく聞きます。…

『オムラボ』オリジナル親子フリパン、いよいよお披露目!

『オムラボ』を開設して約1ヶ月!お子様とご家族みんなで取り組む「オムツばなれ」をテーマに様々な話題を取り上げて様々なコンテンツをお送…

ページ上部へ戻る