© 【ウィメンズパーク×フリパン】オムラボ All rights reserved.

20147/17

トイレのしつけも親の役目?オムツばなれできない小学生増加

「小学生になってもオムツばなれしていない子が増えている?」

最近のイギリスの小学校ではクラスに3人もおもらしする子がいて、先生がその世話に追われて授業を中断することも多いとか。
はたして、日本の小学校でも、似たような状況になっているのだろうか?

P&Gジャパンの調査によると、1990年は28ヵ月だったオムツばなれの平均月齢が、2007年には40ヵ月となっています。そうしたことから、5歳くらいまでを対象にしたオムツが発売されるようになりました。

つまり、5歳でオムツを使っている子が多いということに。オムツばなれしていない小学生が増えているのも不思議ではありません。

トイレといえば、基本的な生活習慣。そんなしつけもできていないなんて…、と批判的に思う人もいるでしょう。
一部には、「忙しくてトイレトレーニングができないからオムツの方がラク」なんて親もいるようですが…。

「学校でおもらしなんてしないよう、うちの子はしっかりトイレトレーニングさせないと」、「幼稚園までに、オムツばなれさせないと」。
ほとんどのお父さん・お母さんたちは、そうやってがんばっているはず。
また、「うちの子、オムツばなれが遅いのは、しつけの仕方が悪いから?」こんなふうに悩んでいる親御さんもいるのでは?
そして、これからお子さんを持つ予定の方も気になるところですね。

一般的にいわれる通り、トイレのしつけは親の役目ではあるのですが…。

[参考]
週刊「ジャーニー」http://www.japanjournals.com

P&Gジャパン http://media.jp.pg.com/news/release_pdf/20090825p02.pdf

トイレの自立は体と脳の発達がカギ

実は、オムツばなれの早い遅いはしつけだけが原因ではありません。
オムツばなれの時期が遅くなった背景には、無理に急がせず自然な成長にまかせるという考え方が普及したこともあるのです。

子どものトイレの自立には、体と脳の発達が欠かせません。膀胱がおしっこをある程度ためておけるよう大きくなり、排泄をコントロールできるよう大脳の働きが発達して、初めて自分でトイレができるようになるのです。
したがって、早いうちからトイレトレーニングを始めたからといって、必ずしもトイレの自立が早くなるわけではありません。また、オムツばなれが遅いのも、親のしつけが悪いとは限らないのです。

子どもの発達のスピードは1人1人違います。オムツばなれの時期も子供によって違って当たり前。特に、幼児期は個人差が大きいものなのです。
トイレトレーニングはお子さんの成長のペースを見ながら始めましょう。

あせりは禁物

同じ年頃のまわりのお子さんはみんなオムツがとれているのにうちの子だけ、まだ…。
−−こんな場合、親としては不安になりがちですね。でも、あせりは禁物です。

トイレトレーニングにはお子さんの「やる気」も大事ですが、親があせってイライラすると子どもにも伝わります。最も避けたいのは、親子でトイレトレーニングに疲れきってしまい、心に余裕がなくなってしまうことです。
そうなると、子どもはプレッシャーからよけいおもらしが増えてしまうという悪循環に…。
こんなときは、しばらくトレーニングを休みましょう。

また、いったんオムツがとれても、環境の変化や精神的な要因でおもらしやおねしょをしてしまうこともあります。
そんな場合も小休止し、気持ちと生活が落ち着いたころに再びトイレトレーニングに取り組むようにしたいものです。

長い目で見守ることが大事

体と脳が発達すればオムツは必ずとれますが、その時期はお子さんによって違います。そこが、お父さん・お母さんにとって悩みどころかもしれません。
親としては周囲の目や意見を気にしすぎないようにすることも大切です。
しかし、6、7歳を過ぎてもオムツがとれないときは小児科や保健所に相談することをおすすめします。やはり、小学校入学前後が1つの目安になります。

それ以前でも、心配ならお医者さんや保健所に相談してみましょう。専門家からお子さんの膀胱や脳の発達のメカニズムを説明してもらえれば、親として安心でき落ち着いてしつけに取り組めます。
オムツばなれが遅い場合には治療法があり、おもらしやおねしょは必ず治ります。

最後に

オムツばなれは子どもの体と脳の発達が大前提です。
また、トイレトレーニングは生活習慣づけの1つ。子どもの健やかな発達のためにも、規則正しく健康的な生活が基本になります。
お父さん・お母さんが子どもの発達について正しい知識を身につけ、気持ちに余裕を持って取り組むことが大切です。そして、心配なときは小児科や保健所に相談を。
お子さんの成長を見守りながら、親子であせらずトイレトレーニングに取り組みましょう。
また、身の回りでお子さんのオムツばなれに悩んでいる方があれば、こちらの情報を知らせてあげてくださいね。

[参考]
花王 メリーズ 赤ちゃんとママのための情報 トイレ・トレーニング
http://www.kao.co.jp/merries/babycare/toilet/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

子供の目線で楽しみながらオムツばなれを ~親子フリパン制作エピソード~

前編ではオムラボのオリジナル親子フリパン「パパンツ」「コパンツ」の発表を記念して、デザイナーの岡本さんに「コンセプト」や「楽しみ方」、また「…

親子の絆を深め、エコにもつながる「おむつなし育児」

育児には不安や悩みがつきもの。 数あるお悩みの中でも、「オムツばなれ」は特に多くのママさんの頭を悩ませているようです。 しかし、オムツば…

大人が体感・紙オムツの付け心地

育児奮闘中である全国のパパ・ママのみなさま、こんにちは! オムツばなれというミッションに日々奮闘しております、在宅ワーカーパパの「…

オムツの商品ラインナップからみる“オムツばなれ適齢期”とは?

昔は「オムツばなれ」が早かった!? 一昔前は1歳半や2歳と言われていたオムツばなれの時期も、今はずいぶん遅くなっているとよく聞きます。…

『オムラボ』オリジナル親子フリパン、いよいよお披露目!

『オムラボ』を開設して約1ヶ月!お子様とご家族みんなで取り組む「オムツばなれ」をテーマに様々な話題を取り上げて様々なコンテンツをお送…

ページ上部へ戻る