© 【ウィメンズパーク×フリパン】オムラボ All rights reserved.

オムツばなれを楽しく!先ずはトイレ環境を整えよう!

育児奮闘中である全国のパパ・ママのみなさま、こんにちは!
「オムツばなれ」というミッションに日々奮闘しております、在宅ワーカーパパの「ふくたつ」です。
さて2回目となりました「パパのオムツばなれ奮闘記」今回は『トイレ環境を整えよう!』をテーマにお送りいたします。

まず、わが家では“おまる”を準備することから始めてみました。
きっかけは2ヶ月程前のこと。それは「うんちがぽとん」という絵本でした。
夜、寝る前に絵本を読み聞かせしているのですが、さんざん絵本を読み聞かせした後、決まって「これ読んで!」そう言って持ちだしてくる絵本が「うんちがぽとん」でした。正直「これはトイレに興味をもちだしたのかなぁ?」と…で、2歳になったお祝いとして、“おまる”をプレゼントしました。最初は「わぁ〜おまるだ〜!」と喜んでいたので、「ちっち(おしっこ)出るときはおまるに座ってするんだよ」そう教えること1ヶ月…何度もおまるに座ったり立ったりを繰り返すものの、いつしか「ぶ〜ん、ぶ〜ん」と叫びながら、畳の部屋をおまるを押して歩き廻る。おまるの中に、たくさんのクレヨンやらぬいぐるみやらを入れ、蓋をしてしまう。「レイラ、それは車でもおもちゃ箱でもないよ…ちっちするところだよ…」そんなパパ・ママの言葉には耳も貸さず、次第におまるはおもちゃと化してしまい、こうしていとも簡単に、わが家の「オムツばなれ」第一弾“おまる作戦”は失敗に終わったのでした…

おもちゃ箱と化したおまる…

しかし、さらなるきっかけがすぐにやってきました。
それはつい先日のこと。保育園にレイラのお迎えに行ったときのことです。
保育士さんから「今日、レイラちゃんが初めてトイレでおしっこしたんですよ!」「いつもお姉さんたちの真似をして、トイレに行きたがっていたんですよね」それを聞いて、すぐに「オムツばなれ」第二弾補助便座作戦をスタートさせるべく、夕食前に西松屋へ直行しました。そこで補助便座と「てんとう虫さんかわいい〜」をレイラが連呼したトレーニングパンツを購入。家に着くなり「てんとう虫のパンツ履く〜」と言うので、トレーニングパンツを履かせ、ついでに補助便座もセットし、「ちっち出るときは教えてね。トイレでちっちしようね」と話しかけた直後「ちっち出た」です。

残念ながら「出る」ではなく「出た」…
でも、これでようやく「オムツばなれ」のスタートラインに立てたんじゃないかな?
そのとき私も妻も、そう感じました。

image2

かわいい!を連呼したてんとう虫のトレーニングパンツ

補助便座購入後から、パパ・ママがトイレに入るなり「レイラも〜」と言うようになり、補助便座に自ら座るようになりました。これには補助便座効果が現れたのかな?と思うのですが、まだまだ「ちっち出た」という言葉には程遠く、悲しむべきはトイレから出た直後、しかもオムツを履かせる前に「ちっちをジャー!!」としてしまいます。かなりの高確率…なぜ今ここで、がっくし…正直首をうなだれてしまいます…
が、しかし、朝夕のトイレトレーニングを毎日、継続的に進めることによって、徐々に徐々にではあっても必ず効果は現れるはず。継続は力なり!そう考え、レイラ自らトイレに行きたくなるように、トイレの中を楽しく?する、第三弾“トイレ楽しいな!作戦”に打って出ました。

・ 大好きなネコさんのイラストのカレンダーを貼った。
・ ディズニーのABCポスターを貼った。(あわよくば、英語の勉強もと思い)
・ 大好きなマスキングテープで飾った。

たったこれだけのことですが、確実に自らトイレに行く頻度(ちっちは出ませんが…)は増えているように思えます。まだまだスタートラインに立ったばかりです。まだまだ試行錯誤していくと思います。ただ、今回感じたことは、何よりも子どもが自らトイレに行きたがり、自然に「オムツばなれ」できていく環境、そんな環境を、私たち親も子どもと一緒に、楽しみながら整えていくことが大事なんじゃないかなと。それに、アイデア一つで子どもに喜びや楽しみを与えられますからね。

image3

トイレでおどけるレイラ

まずは、トイレ環境を整えること。雰囲気を作ること。
それが「オムツばなれ」への第一歩!なんだと思っています。
そして、レイラの「オムツばなれ」が、ここから徐々に加速していけたらいいな。と切に願っております。

最後になりましたが、わが家の「オムツばなれ」きっかけは一冊の“絵本”からでした。
次回は、この“絵本”をテーマにお送りしたいと思っております。
ぜひ、楽しみにお待ちいただけたら幸いです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

子供の目線で楽しみながらオムツばなれを ~親子フリパン制作エピソード~

前編ではオムラボのオリジナル親子フリパン「パパンツ」「コパンツ」の発表を記念して、デザイナーの岡本さんに「コンセプト」や「楽しみ方」、また「…

親子の絆を深め、エコにもつながる「おむつなし育児」

育児には不安や悩みがつきもの。 数あるお悩みの中でも、「オムツばなれ」は特に多くのママさんの頭を悩ませているようです。 しかし、オムツば…

大人が体感・紙オムツの付け心地

育児奮闘中である全国のパパ・ママのみなさま、こんにちは! オムツばなれというミッションに日々奮闘しております、在宅ワーカーパパの「…

オムツの商品ラインナップからみる“オムツばなれ適齢期”とは?

昔は「オムツばなれ」が早かった!? 一昔前は1歳半や2歳と言われていたオムツばなれの時期も、今はずいぶん遅くなっているとよく聞きます。…

『オムラボ』オリジナル親子フリパン、いよいよお披露目!

『オムラボ』を開設して約1ヶ月!お子様とご家族みんなで取り組む「オムツばなれ」をテーマに様々な話題を取り上げて様々なコンテンツをお送…

ページ上部へ戻る