✅ 森且行(46=川口)が悲願のSG制覇達成! オートレースの日本一決定戦「SG第52回日本選手権オートレース」優勝戦(10周回=5100メートル)が3日、埼玉・… – 日刊スポーツ新聞社のニュース

💖 Please Visit: https://www.facebook.com/Scathc/
💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UC5fA0BrHTXDP-E4HQr7G6zg?sub_confirmation=1
✍  森且行(46=川口)が悲願のSG制覇達成! オートレースの日本一決定戦「SG第52回日本選手権オートレース」優勝戦(10周回=5100メートル)が3日、埼玉・川口オートレース場で行われ、6周回で先頭に立った森がオート界最高峰のレースを制した。タレントからオートレーサーに転身。97年デビューから24年目で初のビッグタイトルに手が届いた。    ◇   ◇   ◇ てっぺん、取ったぞ! 元SMAPの森が悲願のオートレースSG制覇を果たした。夕闇が迫り、ナイター照明も点灯された優勝戦12R。10周回、5100メートルで争われ、6周回で先頭に立った森がそのまま押し切って、97年7月のデビュー以来、24年目で念願のオート界最高峰のタイトルを手にした。 6周回3コーナーでドラマが待っていた。先頭をひた走る鈴木圭一郎のペースが上がらず、荒尾聡が内から抜いた。そこでアクシデント発生。荒尾の後輪に鈴木の前輪が接触、2人が落車した。3番手を走っていた森の視界が突然、開けて一気に大仕事が現実味を帯びた。追い詰める金子大輔を振り払う形でトップゴール。表彰式では涙声で喜びを表し、悲願への長い道のりに感極まった。 「(日本一になるといってオートレーサーになったので)約束が守れて良かったです。スタートは練習から手応えがあって自信を持っていきましたが、エンジンの手応えはそんなに良くはなかった」  デビュー戦で初勝利するなど、オートレース界にフィーバーを巻き起こしたスターが、苦境にも耐えに耐え、努力を積み重ねて泥臭く栄冠をつかんだ。「本当に二十数年間、頑張ってきて全然、SGの優勝に届かなかった。日本選手権という一番取りたいタイトルを取れてうれしいです」。喜びをかみしめると、川口オートレース場に詰め掛けた7000人ほどのファンから大きな拍手を受けていた。【木村重成】 ◆森且行(もり・かつゆき)1974年(昭49)2月19日、東京都生まれ。88年にSMAP結成。91年9月、CDデビュー。96年5月にグループ脱退。97年7月にレーサーデビュー。川口所属25期生。S級25位。97年に日刊三賞特別賞、14年に特別賞を受賞した。G12回、G23回、G31回優勝。通算優勝32回で生涯獲得賞金は6億7288万6045円。趣味は旅行。177センチ、59キロ。血液型B。 <オートレースQ&A> Q レースのルール …
💖 #オート, #川口オート, #日本選手権, #森且行, #日刊スポーツ