ニュース – 「1年実戦から離れると怖さ生まれる」著名トレーナー解説…森且行、復帰まで1年必要

オートレースを統括するJKAは9日、レース中の落車事故で重傷を負った人気グループ元SMAPのメンバー、森且行選手(46)=川口=が、復帰まで1年程度かかると発表した。森は1月24日に行われた福岡・飯塚オート第11レースで、バランスを崩した他の選手をよけ切れず接触して落車。福岡県内の病院に搬送後、東京都内の病院に転院し、骨盤骨折、腰椎骨折と診断された。計3回の手術を受け、無事終了したが、レースで雄姿を見るのは時間がかかりそうだ。
* * *
サッカー日本代表DF長友佑都(34)や競泳女子の池江璃花子(20)ら多くのアスリートを指導するトレーナーの木場克己氏(55)は森の今後について「負傷箇所の詳細によって違う」と前置きした上で、「1年間実戦から離れると、怖さが生まれる。それをどう克服するかが鍵」と明かした。
木場氏が指導するアスリートでも全治半年以上の大けがを負ったケースもある。「サッカー選手でも膝の大けがは筋力がなじむまで4か月程かかる。骨盤と腰を負傷した森選手の場合、年齢も含めて100%の状態で戻ることは容易ではないが、リハビリから復帰時の怖さを意識することで、心技体が整っていくと思う」とアドバイスを送った。 ニュース – 「1年実戦から離れると怖さ生まれる」著名トレーナー解説…森且行、復帰まで1年必要